ホーム > マネー > リフォーム

リフォーム

持ち家がある人が、家が古くなって新しくしたいと思ったら、昔なら建て替えをしていました。でも、費用の関係からとても難しくなっています。そこでリフォームを選ぶ人が増えてきています。

新築と比較してリフォームの費用は安価です。とはいえ簡単に出せる金額ではありません。やりたいと思ったときにやれる人はあまりいません。ほとんどの人は、何年も前から予定を立てています。

家を建てたり買ったりした当時は新築でも、住み続けていると古くなり劣化や不具合がでてきます。例えば外壁は日ごろから風雨にさらされているので最も痛みやすい箇所です。その為、定期的にメンテナンスする必要があります。

メンテナンスの内容は主に塗装の塗り替えです。一般的な塗料の耐用年数は10年程度です。それ以上放置すると、家の壁に雨水が浸みこみ柱などに深刻な被害がでます。そうなる前に塗り替える必要があります。費用は面積にもよりますが、50万円からとなっています。家を手に入れたときに、予測して貯蓄をしておく必要があります。

同様に家全体のリフォームも目標を決めて準備する必要があります。

いつ、どの程度のリフォームをするかと費用がいくらかかるかを決めます。

そして貯蓄をしていきます。リフォームローンもありますが、できれば定年前に返済できるように借りる額を調整します。足りない分を現金で用意します。

このようにリフォームは計画を立てて実行することが大事です。

リフォームの費用